サイト内検索
 
カ テ ゴ リ で 探 す

出 版 年 で 探 す


カナリアコミュニケーションズ グループ会社
   

すべての出版物の紹介
2004年発行の書籍 >2013年発行の書籍 >2012年発行の書籍 >2011年発行の書籍 >2010年発行の書籍
>2009年発行の書籍 >2008年発行の書籍 >2007年発行の書籍 >2006年発行の書籍
>2005年発行の書籍



明解 3分間マーケティング
野村正樹著/46判並製・240頁/2004年12月刊行
1400円(税別)/ISBN:4778200101

マーケティング用語はなぜかアルファベット3文字が多いですね。世の中には数多くのマーケティングの本がありますが、読み終えたあと「結局どういうことなの?」と 思ってしまうことがあります。本書はその3文字用語は「結局こういうことなのだ」 と、現場の営業マンやパートさんも納得できるように書かれています。構えないで気軽に読める本です。





顧客づくりのためのプライバシーマーク活用術
近藤昇編・大西信次著/A5判並製・208頁/2004年12月刊行
1800円(税別)/ISBN:4-7782-0009-8

今や個人情報の漏洩に関する事件・事故を起こしてしまった企業は危機的な状況に。そこで、個人情報保護の対策しっかり行なっている企業に与えられる「プライバシー マーク」の取得を。本書はプライバシーマーク取得のノウハウを公開するだけではなく、同時に、社員教育・顧客満足の向上・企業ブランドの向上などの経営改善につながるように書かれています。個人情報保護法施行に向けたトレンドの一冊です。





塀の中から見た人生
安部譲二・山本譲司著/46判上製・240頁/2004年11月刊行
1500円(税別)/ISBN:4-7782-0007-1

安部“懲りない”譲二さんと山本“獄窓記”譲司さんによる対談です。内容は、障害を持つ受刑者の問題、獄中での不審死、出所後にも待ち受ける前科者へのペナルティ……等々。普段は意識することのない世界の話ですが、読み終えたあとには「刑務所 は社会の矛盾を映しだす鏡」という言葉にうなずかれることと思います。





お笑ひプライベートバンク
梨士群著/46判並製・192頁/2004年9月刊行
1400円(税別)/ISBN:4778200063

一説によると日本には10億円以上の資産を持つ方が10万人もいるのだとか。お金持ちは、らしい恰好をせずに、隣に住んでいるものなのですね。そんな資産家の一人モチダ婆さんが、日本国が破産する、資産が収奪されるという話を聞き、海外に資産を疎開させるお話です。お金にまつわる面白い本を読みたいという方、絶対に損はさせません。





気づける人はよみガエル
高橋貞夫著/46判並製・224頁/2004年8月刊行
1300円(税別)/ISBN:4-7782-0005-5

神戸そごうを退職し、現在コンサルタントとして活躍している著者の体験に裏打ちされた言葉が満載です。中高年からの再就職がいかに厳しいかは新聞等で報道されている通りですが、著者は「気づき」が出来れば変身は可能であると言います。耳に心地いいだけの癒しや無意味な元気づけとは無縁の、心のこもった励ましを一人でも多くの方に読んで欲しいと思います。





若い女性と恋したい
藤村正宏著/46判並製・192頁/2004年4月刊行
1400円(税別)/ISBN:4778200039

人気ホストが営業の達人であるならば、逆もまた真なりで、すぐれたマーケッターは恋愛の達人であるべきです。お客の心をつかむのが商売なわけですから、実生活においてもモテモテの方がマーケッターとして信用できるでしょう?
というわけで、集客施設のプランニングと講演とデートで寝る暇もない藤村氏に執筆の時間をとってもらいました。一緒に勉強しましょう、ご同輩!





これが社会人スタンダード 78のポイント
ビジネスマナーと電話の応対
関根健夫著/46判並製・192頁/2004年4月刊行
1300円(税別)/ISBN:4778240073

私は、社会人になりたての頃、電話をとるのが恐かった。また取引先の人と会うときに、どこに着席したらいいのかドギマギした覚えがあります。なんでもないことのようですが、知っておくと心強いことがこの本の中には書いてあります。





田原総一朗の聞き出す力
―仮説を立てられる奴が生き残る!―
田原総一朗著/46判並製・208頁/2004年1月刊行
1400円(税別)/ISBN:4-7782-0001-2

硬派のテレビ番組で視聴者の絶大な信頼を得ている田原総一朗氏。本書は氏の二枚看板である「朝まで生テレビ」と「サンデープロジェクト」での話を中心に書き下ろした、田原総一朗流仕事術の本です。コンプレックスが自分のエネルギーの源泉と語る田原氏のガッツとハングリー精神に触れて下さい。元気が出ます!





感性をきたえる素読のすすめ
―くりかえし声を出して古典を読むことの楽しさと価値―
安達忠夫著/46判並製・256頁/2004年1月刊行
1400円(税別)/ISBN:4778200020

本書は1986年に講談社現代新書より発売された「素読のすすめ」に大幅加筆・改訂したものです。現在の日本語ブーム、音読ブームの先駆けとして評価され、復刊を求める根強い声がありました。内容は古今東西における「素読」の例を挙げ、ことばが五感を通じて魂に刻み込まれることの大切さをエッセイ風に述べています。子どもへの家庭での教育を考えている親御さんにぜひ読んでほしい1冊です。なお、カナリアコミュニケーションズでは家庭で使える大判の素読テキストを4月に発刊する予定です。
お楽しみに。また、安達先生は同時期に、講談社現代新書より「音読と脳」と題する本を脳科学者の川島隆太先生との共著で出される予定です。





2004年度版 社員ハンドブック
―読んで、見て、点検してつかむ基本心得―
清話会出版編/B6判並製・112頁/2004年1月刊行
740円(税別)/ISBN:4778240065

これから社会人になるみなさん、とりあえずこの1冊に目を通して下さい。社会人に求められる基本の基本がコンパクトにまとめられています。


すべての出版物の紹介

COPYRIGHT(c)CANARIA COMMUNICATIONS ALLRIGHT RESERVED